スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PENTAX 645D
645D.jpg
撮像素子はコダック製の有効4,000万画素CCD。サイズは44×33mm。面積比で35mmフルサイズの約1.7倍。645判換算の焦点距離は実焦点距離の約1.3倍。

超音波振動による撮像素子のゴミ除去機能を採用。ローパスフィルターが無いため、CCD最前面のUV・IRカットフィルターを振動させる。ゴミの付着状況を液晶モニターで確認できる。機能も採用。

撮像素子が大型のためCCDシフト式手ブレ補正機構も非搭載となる。そのため新開発のミラーブレーキ機構を採用することで、カメラブレの原因となるミラーショックを抑える工夫。併せてミラーの動作音も低減している。


画像処理エンジンは-PRIME II-を採用。
ファインダーは、視野率約98%、倍率約0.62倍(D FA645 55mm F2.8 AL [IF] SDMAW装着時)、アイポイントはファインダー枠から約21mm。視度調節機構も内蔵する。アイカップは、標準品のほかに大型タイプも付属。

AFは位相差検出式。測距用の光学系を一新した-SAFOX IX+-を搭載。AFポイントは11点で、うち中央の9点はクロスセンサーとした。シングルAFのほか、コンティニュアスAFも可能。

電子水準器も搭載する。K-7では左右の傾きのみだったが、645Dでは左右と前後の2軸表示に対応した。液晶モニターのほか、ファインダー内にも表示可能。縦位置でも機能する。

本体サイズは、156×119×117mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約1,400g(本体のみ)。

645Dスペシャルサイト

スポンサーサイト


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック

asuka234_60.gif

アコースティックウェーブミュージックシステムII

copyright © 2017 フォトBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。