スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


RICOH CX3
CX3.jpg
2009年9月発売の-CX2-の後継機種。撮像素子に1/2.3型有効1,000万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用し、進化したノイズリダクション機能と併せて暗いシーンでの画質が向上した。感度はISO80~3200。高感度性能の向上に伴い、オート撮影時の感度上限を従来のISO200からISO1600に引き上げた。

ノイズ軽減量の設定は、CX2の-OFF-、-AUTO-、-弱-、-強-に加え、新たに-MAX-を追加。画像データの分布を解析し、領域に応じて分散推定式の最適な処理を行なう。

レンズは28~300mm相当、開放F3.5~5.6の10.7倍ズーム。イメージセンサーシフト式の手ブレ補正機構を搭載。

撮影モードは、-シーンオートモード-を搭載。ポートレート、夜景ポートレート、夜景、遠景、スポーツ、マクロなど、認識した撮影シーンに応じて自動的に撮影設定を変更する。

シーンモードはCX2で利用できる全てのモードに加え、猫の顔を認識する-ペットモード-を追加。検出した猫の顔に優先的にピントを合わせるほか、ストロボ、AF補助光、操作音がオフになる。ペットモード利用時に人物の顔は検出しない。

フォーカスモードに-顔優先AF-を追加。マイセッティングへの設定が可能になった。被写体の顔を最大8人まで検出し、露出とホワイトバランスを最適化する。

露出が異なる2枚の連写合成を行なう-ダイナミックレンジダブルショット-では、新たに-詳細設定-を追加した。従来の「AUTO」および「微弱」~「強」の5段階の拡大効果設定に加え、輝度を優先する領域を「ハイライト」、「シャドー」、「OFF」から選択できるようになった。

バッテリーはCX2およびCX1の-DB-70-から小型化した-DB-100-に変更。撮影可能枚数は310枚。

本体サイズは101.5×29.4×58.3mm(幅×奥行き×高さ)。撮影時重量は約206g。
本体色はすみれ、ブラック、ツートン。

カラートップパネル交換サービスをCX3でも行なう。対象となる本体カラーはツートンのみ。選択できる交換トップパネルのカラーはブルー、グリーン、オレンジ、パープル、シルバーの5色。

製品情報


スポンサーサイト


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック

asuka234_60.gif

アコースティックウェーブミュージックシステムII

copyright © 2017 フォトBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。