スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


流し撮り
ここ2,3日雪も降らずに済んでくれたおかげで、体はだいぶ復活してきました。
でも、2月になったばかりなので、まだ1ヶ月ちょっとは頑張らねば。

さて今回は流し撮りです。通常スポーツなど動きのあるものを撮影する場合、速いシャッタースピードで、被写体の動きを止めてピントを合わせます。

bike2.jpg


陸上競技や自転車競技、モータースポーツなど、だいたい同じ場所を通過するものの動きを止めてしまうと、せっかく速く動いているスピード感がなくなってしまいます。
そこで、被写体の動きに合せてカメラを動かす「流し撮り」と言うテクニックが必要になります。

bike1.jpg


AFのカメラであれば、シャッターを切るまでピントを合せ続ける機能(AIサーボや、コンティニュアスAFサーボ等)がありますので、それを使います。
シャッタースピードは被写体のスピードによりますが、1/15~1/125ぐらいだと思います。

お子様の運動会などで使えると、今までとちょっと違った雰囲気の写真が出来ると思います。

ただし、練習が必要です。いきなりやろうと思っても上手く行くものではありません。
道路を走っている、自動車やバイク等を撮って本番に向かって下さい。

スポンサーサイト


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック

asuka234_60.gif

アコースティックウェーブミュージックシステムII

copyright © 2017 フォトBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。