スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Nikon D5000
nikond5000.jpg
D60とD90の間に位置するモデル。ニコンのデジタル一眼レフカメラとして初めて、バリアングル液晶モニターを採用。

撮像素子はAPS-Cサイズ相当(23.6×15.8mm)、有効1,230万画素のCMOSセンサー。ニコンDXフォーマットを採用し、実撮影画角は焦点距離の約1.5倍相当となる。ボディ内AF駆動モーターは非搭載で、AFモーター内蔵レンズでしかAFが作動しない。

ローパスフィルター部を振動させ、付着したゴミやほこりを払い落とすイメージセンサークリーニングも装備。ミラーボックス底部に空気流制御穴を設けることで、センサー部への空気流を制御、ゴミ付着の低減を図るエアフローコントロールシステムも採用している。


連写性能は約4コマ/秒。レリーズモードには静音撮影もあり、シャッター音を小さくして周囲に気を配りながら撮影できる。レンズ内のデータを元に歪曲収差を撮影時に補正する自動ゆがみ補正を新たに搭載。

本体サイズは約127×80×104mm(幅×奥行き×高さ)。D60より奥行きが約16mm、高さが約10mm増加した。重量は65g増の約560g(本体のみ)。

ボディのみの他、AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VRを付けたレンズキッド、AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR、AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 55-200mm F4-5.6 Gを付けたダブルズームキットも発売する。

製品情報

スポンサーサイト


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック

asuka234_60.gif

アコースティックウェーブミュージックシステムII

copyright © 2017 フォトBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。