スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


OLYMPUS μTOUGH 2機種
防水・防塵・耐衝撃・耐寒の各性能をあわせ持つ「μSW」シリーズが、今季よ「μTOUGH」(ミュータフ)シリーズに改称。

μTOUGH-8000
μTOUGH-8000
防水=水深10mまで、耐落下衝撃=高さ2mから、耐低温性能=-10度、耐荷重=100kgfとなっている。防塵性能も装備。
耐落下衝撃との両立が難しかったことから、従来のμSWシリーズでは見送られていたCCDシフト式の手ブレ補正機構も搭載している。

高度、気圧、水深表示機能に加え、今回から水中検知センサーを内蔵した。カメラが水中にあることを検知し、液晶モニターの明るさを自動的に調整するのが役割。また、水中に関するシーンモード(水中スナップ、水中ワイド1、水中ワイド2、水中マクロ)を優先表示する。

撮像素子は有効1,200万画素の1/2.33型。レンズは焦点距離28~102mm相当(35mm判換算)、開放F3.5~5.1の3.6倍ズーム。

本体サイズは95×21.5×61.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は182g(電池・カード含まず)。
本体色はシルバーとブラック。

製品情報


μTOUGH-6000
μTOUGH-6000
カジュアルな色使いとスタイリングを採用。それでいて、水深3mまでの防水性能、高さ1.5mからの耐落下衝撃、-10度までの耐低温性能を有する。上位モデルμTOUGH-8000とは、外観、防水性能(μTOUGH-8000は10m)、耐落下衝撃(同2m)のほかに撮像素子が異なる。μTOUGH-8000は有効1,200万画素だが、本機は有効1,000万画素。サイズはともに1/2.33型。

本体サイズは95.3×22.4×63.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は149g(電池・カード除く)。ボディ前面にはついた傷を目立たなくするという「自己治癒コート」を採用している。
本体色はブルー、ホワイト、イエロー、オレンジ。

製品情報
スポンサーサイト


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック

asuka234_60.gif

アコースティックウェーブミュージックシステムII

copyright © 2017 フォトBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。