スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


OLYMPUS 2機種
μ1050SW
olympus1050sw.jpg
防水デジカメμ850SWの後継機種。水中3mの防水・防塵機構、高さ1.5mからの耐衝撃機能、-10度までの動作保証といったタフネス性能はそのままに、シリーズ初のスライドバリアを装備。ボディを叩いたり傾けることで操作する「トン♪トン♪操作」を採用している。

「トン♪トン♪操作」は、カメラの上面、右側面、左側面、液晶モニターを「トントン」と軽く叩くことで、設定や撮影などが行える機構。3軸の加速度センサーが衝撃を感知することで働く。

「フェイス&バックコントロール」は最大16人までの顔検出に対応。μ850SWと同じく、近接撮影時にブレを軽減する「スーパーマクロLED」などを備える。


撮像素子は有効1,010万画素の1/2.33型CCD。最高感度はISO1600。「キャンドル」、「寝顔」、「高速連写」などの各モードではISO2500まで増感する。
レンズは、35mm判換算38~114mm、F3.5(W)~F5.0(T)。

本体サイズは93×22.6×62mm(幅×奥行き×高さ)、重量は152g(電池・カード含まず)。
カラーは、シルバー、ゴールド、ブルー、ピンクの4色。

製品情報


SP-565UZ
olympus565uz.jpg
CAMEDIA SP-560UZの後継機種。顔検出と連動した「フェイス&バックコントロール」などを搭載。新機能として「野鳥モード」を備えている。1.7倍のテレコンバージョンレンズ「TCON-17」を装着して同モードにすると、ファインズームとの組み合わせにより1,200mm相当の超望遠撮影が行なえる。さらにシャッター速度が速くなるなど、望遠時のブレを意識した設定になる。

13.5コマ/秒の連写機能や、シャッターボタン半押しから押し切る前の10コマ分を記録できる「プリキャプチャー機能」も備える。ともに記録は300万画素相当となる。

撮像素子は、有効1,000万画素の1/2.33型CCDを採用。最高感度はISO1600で、500万画素相当ながら最高ISO6400の撮影にも対応する。
レンズは、35mm判換算26~520mm相当、F2.8~4.7~4.5。CCDシフト式の手ブレ補正も備える。

本体サイズは116×80.8×83.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は373g(電池・カード含まず)。

製品情報


スポンサーサイト


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック

asuka234_60.gif

アコースティックウェーブミュージックシステムII

copyright © 2017 フォトBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。