FC2ブログ
CANON EOS スピードライト430EX II
430_01.jpg

2005年10月に発売した「スピードライト430EX」の後継モデル。最大ガイドナンバー43、自動ズーム機能、バウンス機能、照射角などを引き継ぎながら、充電時間の短縮や充電音の静音化を図った。

新回路を搭載し、約20%の充電時間短縮を実現した。アルカリ電池使用時の充電時間はEX430の約3.7秒から3秒になるとしている。また、上位モデル「580EX II」と同じ充電方式を用いることで充電音を低減させた。

新たにカメラの液晶モニターから、発光モード、シンクロ設定、調光補正などの設定が可能になった。カスタム機能も同様に設定できる。液晶モニターからのメニュー設定は、EOS-1DMark III、EOS-1Ds Mark III、EOS 40D、EOS Kiss X2、EOS Kiss Fで使用可能。

ISO100時の最大ガイドナンバーは105mm時で43、24mm時で25。35mmフルサイズよりも小さな撮像素子を搭載したデジタルカメラで、装備レンズの有効画角に合わせてストロボのズームを制御する。照射角は35mm判換算で24~105mm。ワイドパネルを使用することで14mmに対応。調光方式はE-TTL II、E-TTL、TTLに対応する。ストロボの色温度をカメラに伝える「色温度情報通信」機能も搭載する。

上0~90度、左0~180度、右0~90度のバウンスが可能。背面にバックライト付きの液晶パネルを備える。

電源は単3電池×4本。アルカリ乾電池、ニッケル水素充電池、リチウム電池を使用できる。

本体サイズは72×101×122mm(幅×奥行き×高さ)。重量は320g

製品情報

スポンサーサイト




コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
 キヤノンは2008年6月10日、デジタル一眼レフカメラの新製品として「EOS Kiss F」(以下、Kiss F)を発表した。同社は、2008年3月に「EOS Kiss X2」(以下、Kiss X2)を発売したばかりということもあって、Kiss FとKiss X2でどのような違いがあるのかが気になるところだ
2008/07/06(日) 18:59:36 | Newsブログ検索結果BLOG

asuka234_60.gif

アコースティックウェーブミュージックシステムII

copyright © 2019 フォトBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.