スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SONY 3機種
l_hi_so01.jpg

サイバーショット DSC-T200
DSC-T100の後継機種。撮像素子はかわらず有効810万画素 1/2.5型 SuperHAD CCDだが、ひとの笑う笑顔を自動検出してシャッターをきる笑顔検出機能「スマイルシャッター」を新搭載した。

背面液晶はDSC-T100の3インチから3.5インチワイドへと大型化した。レンズは屈曲式の光学5倍ズームレンズ(35ミリ換算 35~175ミリ、F値はF3.5~4.4)で、画像処理エンジンは引き続き「BIONZ」を搭載。ISO3200までの高感度撮影が行える。光学式手ブレ補正機能も備える。

サイズは90(幅)×56.4(高さ)×20.7(厚さ)ミリ、約156グラム(撮影時重量)

製品情報


l_hi_so04.jpg

DSC-T70
笑顔検出機能「スマイルシャッター」や1/2.5型810万画素 Super HAD CCDやフルHDの静止画出力機能、画像処理エンジン「BIONZ」、顔認識機能などの機能を搭載しながら、よりコンパクト化したモデル。
DSC-T200より一回り小柄なボディとなっているほか、光学レンズ倍率は3倍、やHDスマートズーム利用時の倍率は5.1倍、背面液晶サイズは3型、などに違いがある。レンズはカール ツァイス“バリオ・テッサー”で、焦点距離は35ミリ換算で38~114ミリ(F3.5-4.3)。

画像処理エンジンは「BIONZ」で、最大8人までの顔を自動的に検出し、ピント/露出/ホワイトバランス/色を自動調節する顔認識機能「顔キメ」も備える。

サイズは90(幅)×56.4(高さ)×20.7(厚さ)ミリ、約156グラム(撮影時重量)

製品情報


l_hi_so08.jpg

サイバーショット DSC-H3
35ミリ換算38~380ミリの新開発光学10倍ズームレンズ(F3.5-4.4)を搭載、“ポケットの中に入る高倍率”をうたう。デジタルズーム「HDスマートズーム」を併用することで、17倍相当(35ミリ換算で646ミリ)までの超望遠も行える。あえて38ミリスタートと設定することで、より遠くを撮影できることを重視した。

撮像素子は有効810万画素 1/2.5型 Super HAD CCD。画像処理エンジンは「BIONZ」で、顔認識機能の「顔キメ」も搭載する。光学式手ブレ補正機能と、ISO3200までの高感度撮影機能という2つのブレ防止機能を備えており、望遠撮影時のブレを軽減する。

サイズは106(幅)×68.5(高さ)×47.5(奥行き)ミリ、約380グラム(撮影時重量)。

製品情報

スポンサーサイト


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック

asuka234_60.gif

アコースティックウェーブミュージックシステムII

copyright © 2017 フォトBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。