スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Panasonic LUMIX Part3
DMC-FX700
DMC-FX700.jpg
撮像素子は新開発の1/2.33型有効1,410万画素のMOS。絞り優先AE、シャッター速度優先AE、マニュアル露出モードを利用可能。
レンズは35mm判換算24-120mm相当、開放F2.2-5.9の5倍ズーム。

タッチパネル操作には、画面端のズームレバーを模したボタンを操作する-タッチでズーム-機能を追加。ズームレバーの操作音が発生しないため、動画記録時に有効としている。画面上には、広角端および望遠端まで移動するボタンも備える。


>>続きを読む
スポンサーサイト


Panasonic LUMIX DMC-FZ100
DMC-FZ100.jpg
撮像素子は1/2.33型有効1,410万画素のMOS。インテリジェントオートの-おまかせiA-では、画素混合やガンマ補正で被写体ブレを防止する-ブレピタモード-も利用可能。

レンズは35mm判換算25-600mm相当、開放F2.8-5.2の24倍ズーム。
レンズアダプターとテレコンバージョンレンズを使用することで、1,020mm相当の撮影が可能になる。また、フォーカスモードの切り替えスイッチをレンズ鏡胴の側面に備え、ワンプッシュAFを利用可能。マルチポイントAFは11点から23点に増えた。


>>続きを読む


Panasonic LUMIX DMC-LX5
DMC-LX5.jpg
撮像素子は1/1.63型有効1,010万画素のCCDセンサーを搭載。アスペクト比を変えても画角を維持するマルチアスペクトに対応。感度は最高ISO3200(通常時)、画素混合でISO6400、ISO12800にも対応する。手ブレ補正機構は-POWER O.I.S-を搭載。

レンズは35mm判換算24-90mm相当、開放F2-3.3の3.8倍ズーム。

AF速度は従来比約40%向上という約0.3秒。起動時間は約1.1秒。最高シャッター速度もDMC-LX3の1/2,000秒から1/4,000秒(F4以上)に高速化。


>>続きを読む


FUJIFILM Part1
FinePix F300EXR
FinePix F300EXR
2010年2月発売の-FinePix F200EXR -の後継モデル。
撮像素子にAF測距センサーを組み込み、位相差AFを可能とした新開発のスーパーCCDハニカムEXRを搭載。シーンに応じて位相差AFとコントラストAFを切り替える。

撮像素子は有効1,200万画素相当の1/2型。感度はISO100~12800。ISO3200では600万画素相当、ISO6400~12800では300万画素相当の記録。

>>続きを読む


FinePix S2800HD
FinePix S2800HD
2010年2月発売の-FinePix S2500HD-の後継モデル。
撮像素子は有効1,400万画素の1/2.3型CCD。感度はISO64~6400。では300万画素相当の記録。CCDシフト式手ブレ補正機構を有する。
レンズは35mm判換算で28-504mm相当、F3.1-5.6の18倍ズーム。

新たに-ぐるっとパノラマ-機能と-フォトブックアシスト機能-を搭載。

本体サイズは103.5×59.2×32.6mm、本体のみの重量は約341g、バッテリーと記録メディアを含む重量は約437g。

製品情報


FUJIFILM Part3
FinePix Z80
FinePix Z80
2010年2月発売の-FinePix Z70-の後継モデル。
撮像素子は1/2.3型有効1,420万画素CCD。感度はISO100~1600。電子式手ブレ補正機構を搭載。
レンズは35mm判換算の焦点距離36-180mm、F4-4.8の5倍ズーム。

新たに-ぐるっとパノラマ-機能と-フォトブックアシスト機能-を搭載。

本体サイズは91×57.1×20.1mm。本体のみの重量は約128g、バッテリーと記録メディアを含む重量は約145g。
本体色は、ピンク、ラベンダー、ミント。

製品情報

>>続きを読む


お知らせ
site.jpg
作り直してみました。
内容はあまり変わっていない・・・、ですが、見た目替えてみました。
興味のある方はご覧下さい。

※画像をクリックして下さい。


SONY Cyber-shot 3機種
DSC-WX5
DSC-WX5.jpg
撮像素子は、1/2.3型有効1,220万画素の裏面照射型CMOSセンサー。画像処理エンジンは-BIONZ-。
レンズは35mm判換算の焦点距離24-120mm、F2.4-5.9の5倍ズーム。手ブレ補正機構は光学式。

3D対応のブラビアなどで再生可能な-3Dスイングパノラマ-とカメラの液晶モニターで再生できる-スイングマルチアングル-の2つから選択できる。ともに、同社製デジタルカメラで従来から採用しているパノラマ撮影機能-スイングパノラマ-の技術を応用。通常のスイングパノラマも撮影可能。

>>続きを読む


名前は?
2010-07-08-01.jpg

トンボの種類でしょうが、見たことが無かったので。

2010-07-08-02.jpg
なんという花でしょう?

引いた写真は

>>続きを読む


RICOH GXR+S10 KIT
GXR+S10 KIT
ユニット交換式デジタルカメラ-GXR-とカメラユニット-RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VCをセットにした -GXR+S10 KIT-。

RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VCは、2009年12月発売で、1/1.7型有効1,000万画素CCD、35mm判換算の焦点距離24-72mm、F2.5-4.4の3倍ズームレンズ、センサーシフト式の手ブレ補正機構などを搭載。感度はISO100~3200。


発売済のGXR用カメラユニットには、-RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC-と-RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC-のほかに「GR LENS A12 50mm F2.5 Macro」がある。

RICOHサイト


asuka234_60.gif

アコースティックウェーブミュージックシステムII

copyright © 2017 フォトBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。