スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エツミ  baLens
balens_01l.jpg
デジタル一眼レフカメラで、適正なホワイトバランスを得るためのアクセサリー。カメラのオートホワイトバランスでは対応が難しい人工光や、ミックス光などで正確な色再現が可能。レンズキャップと一体の構造を採用しており、従来品のようにフィルター枠にねじ込むなどの必要がない。また、レンズフードを装着した状態でも取り外しが可能。

baLensを装着して撮影すると、中央のみ白い画像になるが、カスタムホワイトバランスを採る上で問題はない。なお、


>>続きを読む
スポンサーサイト


Kenko デジタルテレプラスPRO300
カメラボディと交換レンズの間に装着し、焦点距離を延長させるテレコンバーター。
3倍デジタルテレプラスPRO300 3XMソニーα用 33,600円
3倍デジタルテレプラスPRO300 3XMキヤノン用 33,600円
デジタルテレプラスPRO300 1.4倍ソニーα用 27,300円

3倍デジタルテレプラスPRO300
kenko1_01.jpg
従来モデルから回路設計の更新を行ない、さらに外装色を白から黒へと変更。また、ソニーα用はAFカップリングの省略により、マニュアルフォーカス時のフィーリングが高まった。
電子接点を備えており、AEでの撮影に対応する。オートフォーカスは使用不可。



>>続きを読む


Kenko レンズベビーコンポーザー
kenko_01.jpg
鏡胴にボール状の可動部を設けることで光軸を変えることが可能。従来の蛇腹式に比べて、容易に光軸の変更が可能な上、位置をそのまま保持できる。キヤノン用、ソニー用、ニコン用、フォーサーズ用、ペンタックス用を用意する。

焦点距離は50mm。フォーカスはマニュアル。撮影距離は46cm~∞。絞りは、絞りディスク交換式で、F2~22に設定可能。


>>続きを読む


コンデジ用コンバーションレンズ
ハンファジャパンは、テレコンバージョンレンズ SAD-727 と ワイド&マクロコンバージョンレンズ SAD-W728 を21日に発売。直販のみの取り扱いで、価格はともに4,780円。

han_02.jpg
ワイド&マクロコンバージョンレンズ SAD-W728

コンパクトデジタルカメラに装着すると、焦点距離が0.7倍になるコンバージョンレンズ。カメラへの取り付けは、同梱のブラケットで行なう。三脚も併用可能。マクロ機能も備え、カメラ単体時より被写体に近づいて撮影できる。なお、カメラとの組み合わせによってケラレが発生することがある。

サイズはレンズが32×42mm、ブラケットが40×82mm。重量はレンズが42g、ブラケットが38g。

楽天直販ページ

>>続きを読む


Flipbac
flip_01.jpg
デジタルカメラの液晶モニターを様々なアングルで確認できるミラー「Flipbac」(フリップバック)を1日に発売。Web直販のみの取り扱いで、価格は19.99ドル。別途送料が5ドル必要。国内への配送は、受注後5~10日としている。

液晶モニターに装着することで、ハイアングルやローアングルなどの撮影が可能になるミラー。縦横2方向にミラーを開くことができるのが特徴。縦位置および横位置での様々なアングルに対応できる。ただし、天地・左右は逆像になる。ミラーには光学ガラスを採用した。カラーはブラックとシルバーを用意する。

>>続きを読む


Kenko OCEANS DSC 830P
kenko1_02.jpg

有効800万画素の1/2.5型CCD、3倍ズームレンズ、3型液晶モニターなどを備えたコンパクトデジタルカメラ。ケンコーのデジタルカメララインナップ中、フラッグシップモデル。

最大5人までの顔検出機能を搭載。さらに3カット、または2カットをカメラ内でパノラマ合成することが可能。撮影開始の方向を左および右から選べる。 電源はリチウムイオン充電池。、SDHC/SDメモリーカードスロットに加え、32MBの内蔵メモリーも搭載。最大640×480ピクセル、30fpsでの動画記録も行なえる。

>>続きを読む


Polaroid i737
polaroid_i737s.jpg
人の顔を検出し、ピントや明るさを最適化する、フェイストラッキング機能や、被写体が笑顔になると自動的にシャッターを切る、スマイルキャプチャー機能を搭載。フェイストラッキング機能は、被写体が動いても追従できる。

撮影時に被写体の瞬きを検出すると、画面に注意を表示できる「まばたき検出機能」に加え、大きなアイコン表示や少ない手順での撮影が可能な「Qモード」を採用する。

カメラ内で最大3枚までの写真を合成してパノラマ写真を作成できる「パノラマ合成機能」を装備する。

>>続きを読む


OLYMPUS E-30
olympusE30.jpg
「ポップアート」、「ファンタジックフォーカス」、「デイドリーム」、「ライトトーン」、「ラフモノクローム」、「トイフォト」の6種類の「アートフィルター」機能を搭載。特殊なレンズ、外付けフィルター、モノクロ現像などをシミュレートしたものになる。


アートフィルターはダイヤル上の専用モードから起動する。パラメーターの微調整は行なえず、JPEGのみに効果をかけることができる。RAW+JPEGの場合はJPEGにだけ適用される。現時点ではカメラ内でのフィルター適用や、OLYMPUS Studioなどでの後処理にも対応していないが、オリンパスでは「PC上で複雑な画像処理をすることなく、クリエイティブな写真表現を手軽に楽しめる」としている。

>>続きを読む


asuka234_60.gif

アコースティックウェーブミュージックシステムII

copyright © 2017 フォトBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。