スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NIKON D90 & NIKKOR 18-105mm
D90
nikon1_02.jpg
2006年9月発売のD80の後継機。ボディの大きさはそのままに、撮像素子周りや液晶モニターのスペックをD300相当に引き上げ、ライブビューを搭載。さらにレンズ交換式デジタル一眼レフカメラで初となる動画記録を可能とした。

撮像素子はAPS-Cサイズ相当の1,230万画素CMOSセンサー。イメージセンサークリーニングを備える。
レンズマウントはニコンFマウント。AFカップリングを搭載するので、モーター非搭載のレンズでもAFが作動する。非CPUレンズで露出計が働かないのはD80と同じ。

ファインダーはペンタプリズム式で、D80と同等。倍率約0.94倍、視野率約96%、アイポイント19.5mmとなっている。AFセンサーもD80と共通で、11点測距のマルチCAM1000を採用する。ただしD90ではシーン認識と連動。

>>続きを読む
スポンサーサイト


CANON EOS 50D & EF-S 18-200mm
EOS 50D
canon1_01.jpg
撮像素子は、新開発のAPS-Cサイズ相当(22.3×14.9mm)、有効約1,510万画CMOSセンサー。微細加工のプロセスやフォトダイオードの構造を改良するとともに、各オンチップマイクロレンズ間の隙間をなくしたギャップレスマイクロレンズを採用。集光効率を向上させ、高解像度と低ノイズを両立した。感度はISO100~3200。ISO感度拡張設定により、ISO6400とISO12800にも対応する。

映像エンジン「DIGIC 4」を初搭載。高解像度化する映像信号の高速処理と、さらなる低ノイズ化に対応した。RAW記録は約1,510万画素のRAW、約710万画素のsRAW1、約380万画素のsRAW2から選択でき、それぞれでJPEGの同時撮影にも対応する。


>>続きを読む


OLYMPUS 2機種
μ1050SW
olympus1050sw.jpg
防水デジカメμ850SWの後継機種。水中3mの防水・防塵機構、高さ1.5mからの耐衝撃機能、-10度までの動作保証といったタフネス性能はそのままに、シリーズ初のスライドバリアを装備。ボディを叩いたり傾けることで操作する「トン♪トン♪操作」を採用している。

「トン♪トン♪操作」は、カメラの上面、右側面、左側面、液晶モニターを「トントン」と軽く叩くことで、設定や撮影などが行える機構。3軸の加速度センサーが衝撃を感知することで働く。

「フェイス&バックコントロール」は最大16人までの顔検出に対応。μ850SWと同じく、近接撮影時にブレを軽減する「スーパーマクロLED」などを備える。


>>続きを読む


RICOH R10
r10bls.jpg
3月に発売したR8の後継モデル。機能割り当て可能なファンクションボタンを新しく搭載するなど撮影機能を強化。外装デザインはR8を踏襲しつつ、グリップ部を改良して操作性の向上を図った。

液晶モニターは2.7型から3型に大型化した。ドット数はR8と同じく46万。
撮影した画像の中からすぐに表示したい画像を3枚まで登録できる「画像クリップ機能」を装備。再生モード時にファンクションボタンで呼び出せる。さらに「カスタムセルフ」では、セルフタイマーの撮影間隔を5~10秒、撮影枚数を1~5枚の間で自由に設定できる。シーンモードには、夜景を背景として人物を撮影する際に使用する「夜景ポートレート」を新たに搭載。

電子水準器や、撮影モードにおけるISOオート時の感度表示など、GX200」と共通する機能も搭載。撮影時にコントラストやシャープネスなどの階調補正を自動的に行ない、白飛びや黒つぶれを低減する「自動レベル補正」などを備える。

>>続きを読む


OLYMPUS μ1060
olympus1060.jpg
7倍ズームレンズを搭載したμ1020の後継機種。μシリーズのフラッグシップモデルとなる。
モードダイヤルを「iAUTO」に合わせるだけで、カメラが「風景」、「人物」、「マクロ」、「夜景&人物」などのシーンを自動的に判別。

従来機種から継承する「フェイス&バックコントロール」や、暗部の階調を持ち上げる「シャドウ・アジャストメント・テクノロジー」も働く。さらに、「μ1030SW」が備えていた「プリキャプチャームービー」を搭載する。


>>続きを読む


OLYMPUS CAMEDIA FE-370&FE-360
CAMEDIA FE-370
olympus_370.jpg
有効800万画素の1/2.35型CCD、5倍ズームレンズ、2.7型約23万ドットの液晶モニターなどを装備。エントリークラスながら上位機種の「μ1060」と同じく、カメラが最適なシーンモードを判別する「おまかせ♪iAUTO」を備える。

最大16人の顔検出機能も装備。また、笑顔を認識して自動でシャッターを切る「スマイルショットモード」も備える。レンズの焦点距離は35mm判換算で36~180mm。開放F値はF3.5~5.6。最高感度はフル画素記録でISO1600、300万画素相当でISO3200。

本体サイズは94.7×25.3×56.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は128g(電池・カード含まず)。本体色はシルバ―、ブルー、ピンク。

製品情報

>>続きを読む


asuka234_60.gif

アコースティックウェーブミュージックシステムII

copyright © 2017 フォトBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。