スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-V7


光学7倍ズームレンズを備えたデジタルカメラ「EXILIM Hi-ZOOM EX-V7」を2月23日に発売。カラーは、SR(シルバー)とBK(ブラック)の2種類を用意している。

EXILIM Hi-ZOOM EX-V7の有効画素数は720万画素。焦点距離は6.3~44.1mm(35mmフィルム換算で38~266mm)。画像処理プロセッサには、、ノイズを抑え、動体解析機能を備えた新開発の「EXILIMエンジン2.0」を採用している。

また、被写体ブレを軽減するために、高い感度と高速なシャッタスピードを実現するためのアンチシェイクDSPも搭載。CCDシフト方式と電子式の手ブレ補正機能なども備えている。動画撮影においては、CODEC方式にH.264を用いている。

ニュースリリース
スポンサーサイト


FUJIFILM Finepix 3機種
記事がある時にはまとめての3本目です。
今回、全機種、xD-ピクチャーカードに加え、新たにSDメモリーカードにも対応した「デュアルスロット」を搭載した模様です。xDの読み込みの遅さに配慮したのでしょうか。
423a.jpg

FinePix F40fdは、1/1.6型「スーパーCCD ハニカムVI HR」を搭載、画像処理エンジン「リアルフォトエンジンII」により、ノイズを低減し、最高ISO2000の高感度をフル画素で実現した。レンズは、35mmフィルム換算で36mm~108mm相当のフジノン光学3倍ズームレンズを搭載している。

独自開発の顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載、オート撮影だけではなくマニュアル撮影時での「顔キレイナビ」の使用も可能にしている。同機能により、カメラを被写体に向けるだけで最短0.05秒で最大10人の顔を一度に検出し、人物の顔にピントを合わせ、顔の明るさを自動調整する。内蔵メモリーは約25MB。サイズは 95.7(W)×59(H)×23.3(D)mm。本体重量は約155g。

FinePix F40fdニュースリリース
>>続きを読む


OLYMPUS CAMEDIA 5機種
本日2本目です。
420al.jpg

「μ760」はCCDシフト方式の光学手ブレ補正機能と、JIS保護等級4相当の生活防水に対応したデジタルカメラ。また、ISO1600の高感度撮影にも対応する。CCDは1/2.33型有効710万画素、レンズは35mm判換算37~111mmの光学3倍ズームを備える。ボディカラーは、シャイニーシルバー、アクアブルー、ラベンダーピンクの3色が用意される。

μ760サイト
>>続きを読む


Macをはじめよう
社名をApple Computer, Incから、Apple Incと変更して家電メーカーへと進もうとしている、Macの新しいTVCMです。相変わらずこちらではお見かけしませんが・・・。

セキュリティー編、円グラフ編、再起動編となっています。
gam_excite070123.jpg



Apple Store(Japan)


ペンタックス オプティオ 3機種
3型タッチパネルと顔認識AF&AE機能を搭載したデジタルカメラ「Optio T30」、厚さ18mmの薄型スタンダードデジタルカメラ「Optio M30」、エントリー向けの「Optio E30」など、710万画素デジタルカメラ3機種を2月上旬より順次発売。
o-t-30.jpg


「Optio T30」は、約23万画素3型のタッチ機能を搭載した液晶モニターを備えたコンパクトデジタルカメラ。タッチパネルに触れて各機能を設定できるほか、スタイラスペンが付属し写真に絵を描ける機能なども備える。人物撮影時に顔の位置を自動的に認識してピントを合わせ、同時に逆光でも顔が暗くならないように露出を決定する「顔認識AF&AE」機能を搭載する。。光学手ブレ補正機能は搭載しないが、被写体の明るさに応じて最高ISO3200の高感度に自動増感する「Digital SR」機能を持つ。

プレスリリース
>>続きを読む


コンパクトデジタルカメラの小型化に貢献
070116-a.gif

シャープは、業界最小クラス1.75μm角画素セルの開発により、コンパクトデジタルカメラで最も多く採用されている小型標準タイプの1/2.5型光学サイズにおいて、業界最高クラスの800万画素CCDを製品化しました。2007年1月末からサンプル出荷、2007年4月から量産出荷を開始します。


SHARPニュースリリース


Made Products「カメラアーマー」
armor03.jpg

ハクバは、米Made Productsのデジタル一眼レフカメラ専用シリコンケース「カメラアーマー」を12月上旬に発売。店頭予想価格は1万円前後の見込み。

キヤノンEOS 30D、またはニコンD80専用のカメラケース。型番はそれぞれCA-1103、CA-1111。本体部をシリコンラバー、液晶モニター部をポリカーボネイトで覆うことで、カメラボディを保護するという。また、レンズ先端用の保護プロテクターも付属する。カラーはブラックとスモークの2色。

 カメラアーマーを装着した状態で、操作ボタンの作動、三脚の取り付け、レンズの交換、記録メディアの交換、バッテリーの交換、内蔵ストロボの使用などが可能。外付けストロボやバッテリーグリップは装備できない。

~デジカメWatchより~

発売元 ハクバ写真産業株式会社


Samsung デジカメ6機種
昨年中は大変お世話になりました本年もよろしくお願い致します。


薄型コンパクトデジタルカメラ「L」、「i」、「S」シリーズの新モデルを発表した。いずれも2007年前半に海外で発売する。
発表したのは、顔認識機能とタッチパネルインターフェースを採用する「L73」。顔認識機能を搭載したスライドカバー採用の「i70」。光学5倍ズームレンズを搭載する「S1050」、「S850」。光学3倍ズームレンズを搭載する「S730」、「S630」の6機種。
l73_01l.jpg

L73
同社がプレミアムラインに位置づけている薄型コンパクト「L」シリーズの最新機種。同社で初めての顔認識AF/AE「Face Recognition Technology」を搭載する。
撮像素子は1/2.5型有効720万画素CCD。最大記録解像度は3,072×2,304ピクセル。最大800×592ピクセル、20fpsでの動画撮影も可能。

 レンズは35mm判換算での焦点距離35~105mm、F2.8~4.9の光学3倍ズーム。最短撮影距離は80cm。マクロモード時は広角端で 5cm、望遠端で40cm。液晶モニターは23万画素の2.5型TFTを採用。露出はプログラムAEのみ。感度はISO50~1600。スローシャッター時の手ぶれを軽減するASR(Adovanced Shake Reduction)も搭載する。最大1時間までのボイスレコーディング機能と、最大10秒までの音声メモ機能も備える。

 2006年に発売したコンパクトデジタルカメラ「NV10」と同様に、背面に並んだボタンに触れることでスクロールなどの操作が行なえる「Smart Touch」機能を採用した。

 記録メディアはSDHC/SDメモリーカード、MMC。内蔵メモリは19MB。電源は専用充電池。本体サイズは98×20.3×59mm(幅×奥行き×高さ)。
>>続きを読む


asuka234_60.gif

アコースティックウェーブミュージックシステムII

copyright © 2017 フォトBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。